脱 炭素 イノベーション による 地域 循環 共生 圏 構築 事業。 環境省、令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業に係る補助事業者を公募|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

🤗 1.事業の概要 本事業は、各地で自治体や企業、さらには住民が一体となって、経済合理性、持続可能性を有する地域循環型の取組を底上げし、推進していくための効果的な支援策を強化し、第五次環境基本計画(平成30年4月17日閣議決定)に掲げる地域循環共生圏の構築に資する、野心的な脱炭素社会の実現を目指す計画に必要な実現可能性調査や地域関係者との合意形成等に係る協議会の開催等を行う事業に対して、地方公共団体を対象に当該経費の一部を補助するものです。 一般社団法人地域循環共生社会連携協会では、令和2年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)に係る環境省からの交付決定を受け、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の補助事業者を公募します。 4. 自然との共生・生物多様性の保全と持続可能な利用• 3.公募の詳細 下記、執行団体ホームページを御覧ください。

20
事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

📱 <本事業の担当> 一般社団法人地域循環共生社会連携協会 国内事業部 吉岡・笠井 5.その他 新型コロナウイルス感染拡大の影響に鑑み、 公募説明会は開催いたしません。

事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

😊 パンフレット(準備中)• 3.東日本大震災からの復興・創生と更なる未来志向の取組• 5月中旬に掲載予定です。 (令和2年11月25日更新) ブランド化の推進•。 環境省による令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)地域の脱炭素交通モデルの構築支援事業のうち、グリーンスローモビリティ導入促進事業の公募が行われています。

8
事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

🐲 (平成31年3月29日掲載) 構想・計画関連• 次世代エネルギーパークパンフレット(・)• 小田原市は事業の推進に向けた連絡会議の設立・運営を行います。

4
事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

😉 1.補助事業の概要 本事業は、地域交通の脱炭素化と地域課題の同時解決を目的とした、グリーンスローモビリティ(電動で、時速20km未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上のパブリックモビリティ)の導入を支援するものです。 日 時:令和元年6月13日(水)14:00~17:00 場 所:マイドームおおさか 3F展示ホール(F) (開催報告や当日資料は、へ)• jp」• 4.公募に関するお問い合わせ よくいただくお問い合わせ内容をまとめました。 電話相談を希望される方は以下よりお申し込み願います。

2
事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

💋 (令和元年11月27日)• 連絡先 環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室• 電話相談を希望される方は以下よりお申し込み願います。 1.補助事業の概要 「地域の自立・分散型エネルギーシステムや脱炭素交通モデルの構築支援事業」は、脱炭素型の先導的モデルの構築を目指すものであり、地域の自立・分散型地域エネルギーシステム及び脱炭素型交通をテーマに技術、制度のイノベーションを適宜取り入れ、また民間の資金を活用しながら継続的なモデル構築を実施していく事業を支援するものです。 電話相談の申し込み: 補足資料: (1)(PDF) (2)公募説明資料 (PDF) (3)応募申請書類の記入方法 (PDF) 引用:. 《要領》 件名:脱炭素地域モデル事業に関する問い合わせ 本文: 3つの事業のうち、どの事業についての質問かを本文冒頭に必ず記載(丸数字のみで結構です)してください。

7
事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

🤚 《要領》 件名:脱炭素地域モデル事業に関する問い合わせ 本文:3つの事業のうち、どの事業についての質問かを本文冒頭に必ず記載(丸数字のみで結構です)してください。 (平成31年3月29日掲載)• (令和2年4月24日掲載)• (令和元年10月2日)• 2.公募説明会について 新型コロナウイルス感染拡大の影響に鑑み、公募説明会は開催いたしません。 令和2年8月11日掲載• お問い合わせは、電子メールを利用いただき、次の要領によりお送りください。

16
事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

💖 公募対象事業は、1 地域の再エネ自給率向上を図る自立・分散型地域エネルギーシステム構築支援事業(自立・分散エネ)、2 激甚化する災害に対応したエネルギー自給エリア等構築支援事業(エネルギー自給エリア)、3 温泉熱等利活用による経済好循環・地域活性化促進実証事業(温泉熱等利活用)、4 自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業(脱炭素交通)である。 (終了しました)• EVを用いたカーシェアリングによる、ガソリン車から電気自動車への転換および車両台数減少を通じた運輸部門の脱炭素化の実現 EVの普及を通じた需要創出による再生可能エネルギー開発の促進 電気自動車のバッテリーをストレージとして有効活用することによる再生可能エネルギー自給率の向上 公共交通と組み合わせたカーシェアリングの活用による、渋滞緩和および地域資源への新たなアクセス方法の創出 電気自動車のバッテリーを非常用電源として活用することによる防災機能の強化 カーシェアリング事業を通じた地域内での経済循環・雇用の創出 【実施内容】 事業目的達成のため、以下を実施するための設備導入・システム製作を行います。 ・地域の再エネ自給率向上を図る自立・分散型地域エネルギーシステム構築支援事業 ・激甚化する災害に対応したエネルギー自給エリア等構築支援事業 ・温泉熱等利活用による経済好循環・地域活性化促進実証事業 ・自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業 2.公募実施期間 令和2年6月4日(木)から同年8月31日(月) 締 切(一次)令和2年7月3日(金) (二次)令和2年8月31日(月) 3.採択案件 採択案件は以下のとおりです。

事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション 事業 共生 循環 炭素 構築 地域 脱 による 圏 イノベーション

☣ 公募に関するお問い合わせは、「公募のお知らせ」掲載後、メールにて受け付けます。 (補助率:1/2 対象:地方公共団体、民間団体等) <令和2年度事業>• 同時に、EVの充電を通じた再生可能エネルギーの需要創出、エネルギーマネジメントによる変動電源に対する調整力創出により、エリア内での再生可能エネルギー発電量拡大へ寄与することを目指します。 (終了しました)• 2.公募の詳細 公募事業の詳細、応募申請書類の提出方法等につきましては、交付規程、公募要領等をご確認ください。

20